シンガポール料理

奥深く多様なシンガポール料理の世界

「食は広州に在り」ならぬ、「食はシンガポールに在り!」と思わず言いたくなるほど、シンガポールは 世界でも有数のグルメ大国です。

華人系、マレー系、インド(タミール)系と、多民族が共生する国際都市国家だけあって、とにかく食の種類が多様!  その魅力は、一度や二度訪れただけでは、味わいつくせません。

中華料理一つをとってみても、広東料理、北京料理、上海料理、辛~い四川料理などなど、味のレベルは非常に高い!

一方、スパイシーなマレー料理。イスラムの教えから、豚肉は食さず、鶏肉料理や羊肉料理、魚料理などが中心です。 独特な香り高いスパイシーなテイストの料理が多く、ハマると病み付き!

そして、面白いのがニョニャ料理。ニョニャとは、中国とマレーのミックス、 つまり中華料理とマレー料理の魅力が融けあった家庭料理を指します。 中華料理にも、マレー料理にも収まりきれない食文化です。

そんな多様な食文化に触れたかったら、ホーカーセンター(屋台コンプレックス)へGO!  「安い! 早い! 美味い!」の3拍子が揃った、複合屋台料理店です。

また、国際都市国家なので、近年、シンガポールでも人気の日本料理、イタリア料理、 フランス料理など世界各国の食を味わうこともできます。

庶民的なシンガポール料理

チリ・クラブ(蟹の辛味炒)
マッドクラブ(泥蟹)やソフトシェルクラブを、ニンニクと赤唐辛子を加えた、 甘辛いソースで調理した一品です。中華饅頭で口についたソースを拭いながら手で食べれば もうシンガポーリアンです!
サティー(串刺しバーベキュー)
串刺しにした鶏肉や豚肉に、甘辛いピーナッツソースやスパイシーなカレーソースなどを つけて、グリルした料理です。
海南鶏飯(ハイナンチーファン)
1940年代に、中国・海南島の料理がシンガポールに伝わった、香り豊かな料理です。 茹でたり蒸した鶏肉を鶏のスープで炊いたご飯に載せて、チリソース、醤油、生姜ダ レにつけていただきます。代表的な屋台料理です。
ポリッジ(粥)
ダシがよく効いた、とろとろッの中華粥です。
フライドホッケンミー
魚介類の旨味がからんだホッケンミー(中国福建麺)の“焼きそば”風バージョンです。
ペーパーチキン
チキンを特殊な紙でを包み、一緒に油で揚げる一品です。広東料理の一つだそうですが、 シンガポールではよく見かけます。
肉骨茶(バクテー)
豚肉スペアリブの漢方煮込み料理です。こちらも広東料理の一つですが、シンガポールでは非常にポピュラーな料理です。 お店によって、ニンニク、胡椒、香草、漢方薬を独自に調合しているため、風味はお店によってバラエティ豊かです。 大きく分けると、黒いスープが福建風の漢方系肉骨茶で、白いクリアなスープが、潮洲風の胡椒系肉骨茶です。
ラクサ
ターメリックなどの香辛料を効かせた、スパイシーなスープ麺です。 ココナッツミルクベースのカレー風味のカレーラクサ、酸味が効いた 魚介風味のアッサムラクサなどがあります。麺も、ラクサ麺、ライスヌードルと 種類があります。中国(麺)、そして、マレーとインド(ココナッツミルクとスパイス)という 多民族国家シンガポールが育んだ、シンガポール独自のヌードルです。

シンガポール・フード