チャンギ国際空港から市内へのアクセス

市内へのアクセス

チャンギ国際空港からの市内へのアクセス手段には、最も安い路線バスの利用から、 MRT、空港シャトル・サービスのミニバス=マキシ・キャプ、 タクシーなどの手段があります。

大きなキャリーカートや旅行ケースを持っての旅行なら、タクシーが一番のお勧めです。 特に大きな荷物がない方やバジェット派の旅行者なら、路線バスかMRTがお勧めです。 でも、さすがに徒歩で行った人には会ったことがありません ^_^;

路線バスによるアクセス
ターミナル1、2の両方とも地下に、赤と白が目印のSBS社の路線バス乗り場があります。 バス乗り場の掲示板には、各バスの行き先が表示されています。 No.36の路線バスが、マリーナ・エリアからオーチャード・ロード・エリアを通ります。 10~15分間隔の運行なので焦る必要はありません。早朝6時~深夜まで運行しています。 所要時間は約30分。バスの中は綺麗ですし、中心地に出るのに最適なので、 大きな荷物がない方ならお勧めです。一度、利用したことがありますが、 お昼過ぎの空いている時間帯だったためか、ガラガラで快適に移動できました。 なお、乗車前には小銭の用意を!   両ターミナルの到着ホールにある両替所で小銭に両替できます。
MRTによるアクセス
ターミナル2とターミナル3の中間あたりの地下に、MRT空港線のチャンギ・エアポート駅があります。 エスカレーターやエレベーターで地下に降りることができます。 なお、MRTの車内にはスーツケースなどを置けるフリースペースがありますが、 車内持ち込みのカバンのサイズは、81×58×30センチ以内となっています。 途中、タナ・メラ駅で乗りかえてシティ・ホール駅まで1.6シンガポールドル、約30分ほどで着きます。
※MRTを利用時には、さらに1シンガポールドルのデポジット料金が追加で必要です(下車駅で返却されます)。
ターミナル1に到着した場合は、1階(レベル1)の到着ホールから、エスカレーターやエレベーターで 2階(レベル2)の出発ホールに上がり、そこからスカイトレインでターミナル2に移動します。 その上で、エスカレーターやエレベーターで地下に降りてチャンギ空港駅へ。
バジェット・ターミナルに到着する場合は、バジェット・ターミナルとターミナル2との間を運行している無料のBTシャトルバスで移動できます。 バジェット・ターミナルからのBTシャトルバスは、 チャンギ空港駅があるターミナル2の地下に到着します。
エアポート・シャトル・サービス(乗り合いタクシー) / Airport Shuttle Service によるアクセス
ターミナル1、2とも到着ロビーに、エアポート・シャトル・サービス の受け付けカウンター / Ground Transport Desk があります。 エアポート・シャトル・サービスは9人乗りのミニバス/メガタクシーで、 市内のメインのエリアなら任意の場所まで行ってくれます。ただし、セントーサ島内には 寄りません。あくまで乗り合いなので、滞在予定のホテルへ直行!というワケにはいきませんが、 24時間運行しており、通常のタクシーに比べてリーズナブルです。
料金は大人1人9シンガポールドル、子供1人6シンガポールドル。運行間隔は15分、深夜から早朝は30分ごとです。 また、1台50シンガポールで貸切で利用することもできます。9人以内でのグループ旅行などまとまっての移動に便利です!
タクシーによるアクセス
チャンギ国際空港では、全ターミナルの1階(レベル1)の到着ホール前に、タクシー乗り場 / Taxi Stands が あります。24時間利用できる上、通常、待ち時間もほとんど無く利用できます。
タクシーは全てメーター制でシンガポール中心部まで約20分、 15~20シンガポールドルが目安です。タクシーの詳細はタクシー利用ガイドページにて。
大型タクシー&リムジン・タクシー / Large Taxis and Limousine によるアクセス
通常のタクシー以外にも、定員7名の大型タクシー / Large Taxis / MaxiCab があります。
また、ゆったりとした雰囲気で滞在ホテルへと移動できるリムジン・タクシーもあります。 シンガポールでリムジン・タクシーと呼ばれるのは、ベンツ・タクシーやロンドン・タクシーです。 です。
大型タクシーやリムジン・タクシーを利用する場合は、予約カウンター / Ground Transport Desk で申し込みます。料金は定額制で、大型タクシー&リムジン・タクシーとも、 1台50シンガポールドルが目安です。