大阪/関空-シンガポール間 発着ダイヤ/スケジュール

大阪(関空)⇔シンガポール(チャンギ国際空港)間のフライト情報

大阪(関西国際空港)とシンガポール(チャンギ国際空港)との間は、シンガポール航空が直行便を運航しています。

その他、格安航空会社(LCC)のスクートが直行便を運航している他、高雄を経由する便も運航しています。
※バンコクを経由する便は2019年9月13日を最後に運休。

また、格安航空会社(LCC)のジェットスター・アジアが台北を経由する便、マニラを経由する便、クラークを経由する便を運航しています。

大阪(関空)からシンガポールまで直行便のフライト所要時間は、往路が6時間50分、復路は6時間5分が目安です。

夏期ダイヤと冬期ダイヤ

フライトスケジュールは、大まかに夏期スケジュールと冬期スケジュールとに分けられます。

夏期スケジュールは、3月最終日曜日~10月最終日曜日の直前の土曜日までの7か月間です。

冬期スケジュールは、10月最終日曜日~翌年3月の最終日曜日直前の土曜日までの5か月間です。

なお、期間中でも随時、フライトスケジュールに変更があります。必ず各航空会社でご確認下さい。

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。

シンガポールへの入国制限と入国後の行動制限

新型コロナウイルス感染拡大による航空会社への影響

新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

日本航空 国際線の運休・特別対応

新型コロナウイルス肺炎に関する日本航空のフライトの運休・減便・時間変更、国際線航空券の変更・払い戻し等については以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 国際線運航情報・入国制限や検疫体制 - JAL

全日本空輸(ANA) 国際線の運休・特別対応

全日本空輸の国内線・国際線路線・便数計画の変更や入国制限については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 お知らせ - ANA

航空券の払い戻し(特別対応)と搭乗日の変更(特別対応)については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について - ANA

シンガポール航空の運休・特別対応

東京(成田)⇔シンガポール線のSQ637便とSQ638便は月・水・木・金・日の週5便体制で運航。2020年11月30日より1日1便へと増便します。

東京(羽田)⇔シンガポール線は2021年1月18日より1日1便体制で運航を再開します。

大阪(関空)⇔シンガポール線のSQ622便とSQ623便は火・水・木・金・土の週5便体制で運航。2020年11月30日より1日1便へと増便します。

福岡⇔シンガポール線は2020年11月5日より運航を再開。福岡発、シンガポール発とも木曜の週1便体制で運航。

名古屋(中部国際)⇔シンガポール線は2020年12月2日より運航を再開。水・土・日曜の週3便体制で運航。

参照 Covid-19: Singapore Airlines and SilkAir Flight Schedules in October, November and December 2020

シンガポール航空の最新運航情報、航空券の特別対応等、新型コロナウイルス感染に関わる最新情報は以下のページを参照。

参照 Covid-19トラベルインフォメーション

スクートの運休・特別対応

スクートは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ほぼ全ての路線の運航を停止していましたが、2020年9月より東京(成田)⇔台北(桃園)⇔シンガポール線、および大阪(関空)⇔高雄⇔シンガポール線の運航を再開。

東京(成田)⇔台北(桃園)⇔シンガポール線は2020年9月9日(水)より週1便体制で運航。

大阪(関空)⇔高雄⇔シンガポール線は2020年9月19日(土)より週1便体制で運航。
※高雄での乗り継ぎは不可。

※最新の運航スケジュールは以下のページを参照。

参照 Scoot’s Flight Schedules for July 2020

ジェットスターの運休・特別対応

ジェットスターの国内線(ジェットスター・ジャパン)、および国際線(ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア)の運休情報、航空券の特別対応の詳細については、以下のコーナーを参照。

参照 重要なお知らせ - ジェットスター(日本語)

大阪(関空) - シンガポール間フライトスケジュール / 2020年10月25日(日)~2021年3月27日(土)冬期ダイヤ

関西国際空港 ⇒ チャンギ国際空港

           
出発日 便名 出発時刻 到着時刻 コードシェア等
~11/30 運休 シンガポール航空 SQ619便 大阪発 チャンギ着 NH6263便
~11/30 運休 ジェットスターアジア 3K778便 大阪発 12:40 チャンギ着 20:35※クラーク経由
~11/30 運休 ジェットスターアジア 3K764便 大阪発 13:20 チャンギ着 21:20   ※マニラ経由
~11/30 運休 ジェットスターアジア 3K722便 大阪発 17:10 チャンギ着 翌日01:05 ※台北経由
スクート TR895便 大阪発 17:05 チャンギ着 翌日01:15 ※高雄経由
~11/30 運休 シンガポール航空 SQ621便 大阪発 17:25 チャンギ着 23:05-
火水木金土
※11/30より毎日
シンガポール航空 SQ623便 大阪発 23:20 チャンギ着 翌日05:10NH6261便

チャンギ国際空港 ⇒ 関西国際空港

出発日 便名 出発時刻 到着時刻 コードシェア等
~11/30 運休 シンガポール航空 SQ618便 チャンギ発 大阪着 NH6264便
~11/30 運休 ジェットスターアジア 3K763便 チャンギ発 02:15 大阪着 11:35 ※マニラ経由
~11/30 運休 ジェットスターアジア 3K777便 チャンギ発 02:15
※水曜は02:20
大阪着 11:40 ※クラーク経由
スクート TR894便 チャンギ発 06:55 大阪着 15:55 ※高雄経由
~11/30 運休 ジェットスターアジア 3K721便 チャンギ発 07:10 大阪着 16:10 ※台北経由
~11/30 運休 シンガポール航空 SQ620便 チャンギ発 大阪着 -
火水木金土
※11/30より毎日
シンガポール航空 SQ622便 チャンギ発 14:45 大阪着 21:50 NH6260便

大阪~シンガポール間 乗り継ぎ便について

大阪(関西国際空港)からシンガポールに飛ぶには、韓国、台湾、香港、中国、あるいは東南アジア各地の都市を経由する便を利用する方法もあります。急ぐ場合は、経由地で同日乗継ぎができるかが決め手です。

日程に余裕がある場合は、経由地でストップオーバーして、そこで観光することもできます。

ことに最近は、格安航空会社(LCC)が大阪⇔ソウル・台北・香港などに就航しているため、上手に利用すれば、かなり低下価格でアジア各都市とシンガポールに飛ぶことができます。

ソウル経由、台北経由、香港経由、 など他の都市を経ての乗り継ぎ便は、以下のサイトでフライトスケジュールを照会できます。

海外格安航空券のオンライン予約サイト<フリーバード>
搭乗日、出発地、到着地、航空会社、出発時間、座席クラスから世界中のフライトスケジュールを照会できる優れものサイトです。
エイビーロード
海外格安航空券の「空席紹介・予約・購入」が24時間、出発前日まで可能! オンライン予約が24時間、出発前日まで可能な海外航空券、格安航空券の検索・予約サイトです。

空港を確認しよう!

関西国際空港 オフィシャルサイト
フライト情報、本日のフライト情報、アクセス情報、出発・到着案内、関空マップ、 旅客便スケジュール検索などの情報が掲載されています。
チャンギ国際空港 / Changi Airport
チャンギ国際空港 / Changi Airport の公式サイトです。英語&中国語。

航空会社コード&公式サイト